生涯学習講演会

生涯学習講演会レポート

2018年

【10月開催】シンポジウム「人生100年時代の働く大人の学び方」

「多元的共生社会における生涯学習を考える」シリーズ第18回
講演:
中原 淳
立教大学経営学部教授
開催日:
2018年10月7日(日)
会場:
青山学院大学 青山キャンパス

自ら学びをデザインし、自分の未来をつくろう!

ワークショップデザイナー(WSD)育成プログラム2,000人突破記念を兼ねた今回のシンポジウムは、約250名もの方が参加された。中原氏は冒頭、この講演会はただ聞いて帰るだけでなく、「聞いて、考えて、対話して、考える」会だと念を押す。その通り、要所要所で近くに座っている人同士で話し合う時間がもたれた。中原氏は言う。「人生100年時代、長期化する仕事人生に備えて学び直すことが必要になる」。では、大人の学びで大切なことは何か。具体的に何をすればよいのか。例えば、本を1トン読む、越境する、人に教えてみるなどがよいそうだ。最後に、苅宿俊文氏やWSDの受講生らによる、各自の「学びの履歴書」も紹介された。

【7月開催】シンポジウム「越境的学習を通じた学びなおしの継続」

「多元的共生社会における生涯学習を考える」シリーズ第17回
ワークショップと講演:
石山恒貴
法政大学大学院
政策創造研究科教授
開催日:
2018年7月15日(日)
会場:
東京大学 福武ホールラーニングシアター

アウェーでの学びと気づきがホームで生きてくる

『時間と場所を選ばないパラレルキャリアを始めよう!』の著者である石山さん。自分の所属している状況=ホームから出て、アウェーで社会的活動などを行い、ホームとアウェーを行ったり来たりするのが越境的学習と話す。そして社会人の学びの実態や問題点も、次々と示していく。越境的学習は年齢や置かれている立場に関わらず誰にでもでき、最初の一歩を踏み出すためには読書会でもいい。新しい経験、すなわちアウェーに行ける開かれた姿勢が大切とのこと。最後に参加者を小グループに分けて講師への質問を考える、越境的学習を体験する場がもたれた。

【3月開催】第1回「博士号取得者の会」発足記念トークセッション

「生涯学習が創る学際プラットフォーム ─人生100年時代を迎えて─」
パネリスト:
結城哲彦
2015年博士号取得(法学)池上萬奈
2012年博士号取得(法学)滝澤寛
2015年博士号取得(理学)
開催日:
2018年3月23日(金)
会場:
生涯学習開発財団セミナールーム
コーディネーター:
苅宿俊文
青山学院大学 社会情報部教授
NPO法人ワークショップデザイナー推進機構理事

博士号を出発点として社会に役立てていく

2011年から始まった「50歳からの博士号取得支援」事業も今年で7年目を迎え、この事業をもっと皆様のお役に立てるようにと開催した今回のトークセッション。パネリストの3人の方には、「博士号取得後、どのように活かしているのか」「研究を続けていくエネルギー源は何なのか」など、社会人が何年も研究を続けていく際のモチベーションについて話していただきました。会場との質疑応答もあり、トークセッション修了後の懇親会は、参加者同士の情報交換の場となりました。最後に選考委員長の張競先生から「高齢の博士号取得者が活躍していく場をもっと増やしていきたい」とのお言葉をいただきました。

【3月開催】シンポジウム「進化する「プレイフル!」 〜創造的な大人の学びをつくる〜」

「多元的共生社会における生涯学習を考える」シリーズ第16回
ワークショップと講演:
上田信行
同志社女子大学 現代社会学部現代こども学科特任教授
ネオミュージアム館長
開催日:
2018年3月11日(日)
会場:
京都市梅小路公園 緑の館イベント室

ポジティブな思考を持ち、どんどん実行していこう!

今回のシンポは全員参加のダンスから始まった。次に7名のグループに分かれ、レゴブロックを積み上げ高さを競うゲーム。この後の講演で、ゲームの狙いが明らかにされた。一連のワークショップは、「実行」と「共通体験」の重要性を伝えるためだ。努力すれば成長できるという信念が大事。そこで「つくって」「語って」「振り返る」ことで自分の思考や行動を客観的に把握し、4Ps(「project:計画」「peers:人」「passion:情熱」「play:遊び」)を機能させて課題解決を図る。最後に質疑応答も行われ、聴衆の積極的な参加が目立つ回となりました。

講演会アーカイブ

2019年

2018年

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年