ハーバード大学クロコディロスの日本公演を後援しています


現役ハーバード大学生によるア・カペラ男声合唱団「ハーバード大学クロコディロス」は、巨匠故レナード・バーンスタインが絶賛した歌唱力で知られています。当財団の理事長松田妙子がこの合唱団の名誉会員となっていたことが縁となり、昭和62(1987)年より交流が始まり、当財団がクロコディロスの日本公演事務局となっています。

アメリカの将来のリーダーとなる学生たちに、日本各地を見て体験し、多くの日本人と交流してほしいとの思いで、毎年いろいろな方々の協力を得ながら、地方の学校、施設などで、コンサートを開いています。

グループの名前「クロコディロス」は、1770年、ハーバードで生まれた米国初の社交クラブのバーに飾られていた剥製の鰐に由来しています。

クロコディロス60周年記念式典。日本公演事務局として招待されました。
最前列左から6番目が松田理事長。平成18(2006)年

クロコディロスの活動としては、毎年夏休みの10週間にも及ぶ6大陸ワールドツアーや春休みのバミューダ諸島ツアー他、年間200回以上の公演をこなしています。
日本でもほぼ毎年、全国各地でのコンサート、学校や施設などの活動を通じて、皆様との交流・つながりを深めています。

クロコディロス70周年記念式典。ハーバード大学のメモリアルホール
サンダースシアターで2016年3月4日に行われました。今回も当財団は、日本公演事務局として招待されました。

クロコディロスのメンバー12名が集合

70周年記念イベントの招待状、チケット、パンフレット(上)。パンフレットの謝辞のページには、松田妙子理事長と佐藤梨奈部長の名前が(下)

クロコディロス 日本公演レポート

平成28(2016)年の日本公演は、6月17日から26日の日程で行われました。首都圏でのステージの後、24日から26日は熊本県を訪問。4月にあった地震の影響で変更となった会場もありましたが、熊本県知事や地元の方と温かい交流の時間を持てました。


熊本県庁でのコンサート
日本語で「上を向いて歩こう」を歌う

熊本県庁で蒲島郁夫知事とくまモンに歓迎される

「熊本地震復興応援コンサート」と告知された
長洲町でのステージ

長洲町立六栄小学校でのミニコンサート

菊陽町では会場変更となり、菊陽町立菊陽中部小学校で公演した

小学生たちとの交流も

クロコディロスと松田妙子理事長
帝京平成大学沖永記念ホールにて

帝京平成大学沖永記念ホールでの公演
決めのポーズは今年もバッチリ

国際交流を目的とした地域活性化に協力します

お問い合わせは生涯学習開発財団ハーバード大学クロコディロス日本公演事務局まで
ハーバード大学クロコディロスのサイト http://www.kroks.com