博士号取得支援事業博士号取得支援事業

博士号取得を目指す50歳以上の方を支援博士号取得を目指す50歳以上の方を支援

平均寿命が延びている今日、定年後も知的好奇心を持ち、大学の博士課程に入学したり、独学で博士号の取得を目指している方も少なくありません。
当財団は、そんな50歳以上の方のために、博士号取得を支援する事業を始めました。 この取り組みを通して、来るべき高齢化社会の生涯学習を促進し、よりよい社会づくりに貢献することを目指しています。

本支援プログラムは国籍や性別を問わず、また、研究領域は文系と理系を問いません。
独創的で社会的な意義のある研究を行い、博士論文を執筆中あるいは提出が予定されている50歳以上のすべての方に門戸は開かれています。皆様からの積極的なご応募をお待ちしております。

助成金を活かし、博士号を取得された方が既に27名、誕生しました。当財団の情報誌でご紹介しています。
博士号取得者紹介

募集要項

2017年9月1日(金)よりエントリー受付開始

博士号取得支援事業ちらし

採用予定人数

特に人数は定めません

助成金の支給

  1. 支給金額は一人あたり50万円
  2. 支給日は3月、授与式後に支給されます。
  3. 下記の項目にあてはまる事態が生じた場合、助成の取り消しをします。
    1. 申込書に虚偽の内容が記載されていることが判明した場合。
    2. 対象者から活動状況の報告がなく、あるいはその内容が不適切と判断される場合。
    3. その他、当財団との信頼関係を著しく損ねる行為があった場合。

応募資格

以下の条件を満たす者

  1. 50歳以上(性別、国籍、所属を問わない)
  2. 日本国内に在住している者
  3. 博士課程(博士後期課程を含む)に在籍するか、論文博士号の取得をめざし、かつ実行性の高い研究計画書を作成した者、もしくは博士論文の一部分をすでに作成した者
  4. 日本国内の大学で博士号を取得する予定の者
  5. 日本語で論文を作成する者
  6. 品行方正、勉強に熱意を持っている者

応募方法

  1. 提出書類
    1. 指定申請書 申請書ダウンロードはこちら(書類送付の際はA4サイズに縮小して提出)
    2. 身元証明書(在学証明書、住民票、外国人登録済み証明書など)
    3. 研究計画書
    4. 学業成績証明書(直近のもの。ただし、博士課程に在籍する者のみ)
    5. 完成した論文のコピー(部分可。ただし、博士課程に在籍せず、論文博士をめざす者のみ)
    6. 指導教授の推薦書(博士課程に在籍する者)
    7. 論文指導をする者(論文提出先の者が望ましい)の推薦書
    8. (注)博士課程に在籍中の応募者は ①②③④⑥ を、論文博士を執筆中の応募者は ①②③⑤⑦ の提出を御願いします。なお、⑤は任意提出
  2. 応募締切
    2017年12月15日(金)必着

選考

  1. 提出書類及び面接により選考を行います。
  2. 書類選考の上、面接を行う予定ですが、面接の日程など詳細については対象の方のみ、申請書にご記入いただいたメールアドレス、あるいはご記入の住所に送付します。
  3. 合否の最終通知は本人の住所宛に送付します。

博士号取得者インタビューを読む

ご不明な点がございましたら、生涯学習開発財団事務局までお問い合わせ下さい。

博士号取得支援事業 申請書

2017年9月1日(金)よりエントリー受付開始

書類送付の際はA4サイズに縮小して提出してください。
Wordダウンロード

【お問い合わせ・応募書類送付先】

〒105-0001 
東京都港区虎ノ門1-1-21 新虎ノ門実業会館2階
一般財団法人 生涯学習開発財団
TEL:03-3508-4551 FAX:03-3508-4550

一般財団法人 生涯学習開発財団 事務局
〒105-0001 東京都港区虎ノ門1-1-21 新虎ノ門実業会館2階
TEL:03-3508-4551 FAX:03-3508-4550

Copyright (C) Foundation of Global Life Learning Center. All Rights Reserved.