コラム

勇気は育てることができる

当財団の資格認定後援事業に登録されている(株)クエスト総合研究所。
その代表者 柴﨑嘉寿隆(かずたか)さんが、今年5月に『勇気の育て方』を上梓しました。

自著を手に持つ柴﨑さん

キャンプで引き出す勇気と自立心

柴﨑さんは、NPO法人子ども未来研究所の理事長も務めています。
子ども未来研究所では、小中学生を対象に、子どもにとことん向き合い、自立をうながす野外体験学習「グロースセミナー」*を約30年にわたって実施してきました。

野外体験学習の中身は、4泊5日のキャンプです。
場所は、北海道の真ん中あたり、十勝平野を見下ろす士幌高原ヌプカの里。

『勇気の育て方』では、このキャンプで起きた実際のエピソードを紹介。
なぜ、たったの5日間で子どもが変わるのか。
どうすれば、子どもの勇気や自立心を引き出せるのか。

それを、架空の女の子、小3のさくらちゃんを主人公にして物語形式で書かれています。
知り合いもなく、キャンプに初めて参加した人見知りのさくらちゃん。
はたして無事に全行程を終えられるのでしょうか。

ヌプカの里にて朝の体操

*柴﨑さんがNPO法人子ども未来研究所を立ち上げたのは1999年ですが、グロースセミナーは1990年から始められています。グロースセミナーは、事前のセットアップセミナーと事後のフォローアップセミナーで1セット。2020年、2021年は中止になりました。

本当はどうしたいの?

マウンテンバイクで30キロ走る。
急斜面や岩場のある山を登る。
自分たちで掘ったジャガイモを使ってカレーを作る。
キャンプファイヤーやナイトハイクまで。

「他のキャンプとは全く違う」と言われるグロースセミナーの大きな特徴は、こうしたプログラムに参加するかしないかを、子ども自身が考え決めること。チーム作りや役割分担もそう。大人は決して強制しません。

けれど、「怖い」「できない」「やりたくない」と、泣き出してしまう子も。
柴﨑さんはそのつど、「君はどうしたいの?」と問いかけ、子どもが自分で答えを出すのを根気よく待ちます。

どんな小さな声でも大切な声。だから、一人でも違う意見があればチーム全員で納得するまで話し合い、単純にジャンケンや多数決で決めることもしません。悩みや葛藤こそ成長の土台です。そこから一歩踏み出す勇気の芽を、自分の内に見つけていく子どもたち。全行程を終える頃には、参加者全員が晴れ晴れした顔になっているそう。

チームでカレー作り。大人は一切手伝いません
マウンテンバイクの実習は、スタッフがきちんとサポートします
子どもが自分で答えを出すまでじっと寄り添う柴﨑さん
約2時間かけて登った標高1,186mの白雲山山頂付近

自分に寄り添って生きよう!

さくらちゃんの揺れ動く気持ちとともに描かれた19の物語一つひとつに、解説が綴られています。それは柴﨑さんが30年間、子どもや親と真正面からぶつかり伝えてきたメッセージでもあるのです。

「勇気は育てることができる」
「自立をするために最も重要なことは、自分を認めること」
「自分を認め、自分を大切にすることが、実は子育ての一番大事なスタート」
「答えが見つからないもやもやした時間は、心が育つ大切な時間」

そんな言葉の数々に、思わずハッとさせられます。

実は柴﨑さん自身、自分の思いを言えない子どもで、30歳までもがいていたそう。
その深い悩みの中で、「どうしたら社会に認めてもらえるのか」と他人基準で考えるのを止めて、「自分がどうしたいのか」と思考を転換してみたら、自分は幸せでいたいんだと素直に認められ、今まで背負っていた重いものがボロボロなくなっていったと言います。

未来を創る子どもたちにも、安心して自分で決める場を提供すれば、自分で考える力がつくのではないか。そうした思いで始めたグロースセミナーの目的であり、柴﨑さんの自立の定義は、

「自分で決めて、自分で行動して、欲しい結果を自ら創り出していく」

です。

文中、柴﨑さんは、「嫌みのきつい上司に悩んでいるときは」「夫婦げんかをしたときは」といった悩みにも、独自の視点からアドバイス。単に親向けの育児本とはなっていません。

この本は、問題に直面するとつい、「どうすべきなのか」と正解を探してしまう人に、それより「自分はどうしたいのか」、嘘のない気持ちで向き合ってみよう、自分の軸を大切にしよう、と熱い声援を送っているのです。

アートと社会貢献に生きたアニー・シェプリー

水色のパフスリーブに身を包んだ少女が描かれている一枚の絵。
その大人びた姿、品のある佇まい。
笑顔を見せない表情には、どうしたのかなと想像力をかきたてられます。
背景には木立があるので、屋外にイーゼルを立てて描いたのでしょうか。
静かに魅入ってしまうこの絵の作者は、アニー・バロウズ・シェプリーです。

1898(明治31)年に描かれたこの絵は、それから122年後の2020(令和2)年、オーストラリアから生涯学習開発財団(以下 財団)にやってきました。

Portrait of Artist’s Niece 1898年
モデルは10歳の姪ロザモンド

アニーの志を引き継いで

アニーの絵を購入したのは、当財団にとってアニーは大切な人だからです。

アニーはボストンとパリで美術を学び、アメリカで肖像画家・イラストレーターとして活躍していました。好奇心や冒険心に富み、世話好き。そんな彼女は、使用人として雇った日本からやって来た19歳年下の留学生 大森兵蔵と意気投合。出会ってから1年ほどたった1907(明治40)年にアメリカで結婚。翌1908(明治41)年、二人そろって日本にやってきます。

来日後、当時はまだ珍しかった福祉事業に取り組んだアニーと兵蔵ですが、1913(大正2)年、結婚からわずか5年で兵蔵が急逝してしまいます。その翌年、アニーと知り合い、よき片腕となり、彼女が亡くなるまで親身に支えたのが松田竹千代でした。

竹千代は尊敬するアニーのもとで福祉事業に情熱を傾けます。このボランティアがきっかけとなり、同じくボランティアに参加していた兵蔵の姪 澄江と結婚。竹千代の娘 松田妙子は、社会貢献に熱心な大叔母アニーや父母の活躍を幼い頃から見ていました。長じて当財団の理事長に就くと、兵蔵やアニー、父母が大事にしていた志「社会のために尽くす」を事業に活かしていったのです。

そうした縁から、財団はアニーが晩年を過ごした河口湖の別荘「有隣園」を管理しており、そこにアニーの絵と蔵書を大切に保管しています。

きっかけは『いだてん』

冒頭の少女を描いた油絵と財団が出会うきっかけとなったのは、アニーや兵蔵がキャストとして登場したNHKの大河ドラマ『いだてん〜東京オリムピック噺〜』(2019(令和元)年放映)でした。

ドラマの小道具としてNHKに時計や懐中時計のチェーンを貸したのが、オーストラリアでアンティーク時計専門店を運営されている林 誠さんです。林さんはドラマで見たアニーの人生に感動し、記念にとアニーにまつわるものを探し、アメリカの画商から彼女の絵と数冊の本を購入。自店サイトにそれらを非売品のつもりでアップします。

翌2020(令和2)年、たまたま絵の存在を知った妙子の次女 佐藤玖美が、姉で財団の事務局長 佐藤梨奈に連絡をくれます。事務局長はアニーの話を両親から聞いて育ったため、知らせを受けてパソコンの画面越しに絵を見た瞬間、「やっと会えた」、そう思ったそうです。

出会いに感動した事務局長は林さんに連絡します。財団とアニーのかかわりを話し、もしよければアニーの絵を譲っていただけないかとたずねたところ、林さんは財団なら絵の嫁ぎ先として最適だと快諾してくれました。

アニーは日本に来てからも絵を描き続け、帝展で入選もしました。しかしその多くは1945(昭和20)年の空襲で焼けてしまったので、10歳の姪を描いたこの絵は現存する兵蔵の肖像画などとともに、たいへん貴重な一枚といえます。


大森兵蔵 1909年 アニー作
アニーが晩年を過ごした別荘「有隣園」にて保管中

パワフルに取り組んだ社会事業

ここからは異国の地でのアニーの活躍を、もう少しお伝えしたいと思います。

言葉も食も習慣もアメリカとはまったく違う日本での生活。アニーは毎日、日本語のレッスンを受けながら、夫婦力を合わせ、兵蔵の夢であるセツルメント運動に熱心に取り組みます。二人は約3年かけて、子どもの遊びと教育の施設「有隣園」を立ち上げました。

ところが1912(大正元)年、兵蔵は日本がオリンピック初参加となる選手団の監督に選ばれ、アニーも同行してストックホルムへ向かいます。その帰途、立ち寄った先のアメリカで、兵蔵は残念ながら帰らぬ人に……。

アニーにはそのままアメリカに残る道もありました。しかし、「ヒョウの仕事は私がやり遂げる」と日本に引き返します。

「有隣園」に戻ると、早速、園長に就任。オープンマインドで明るい性格、楽しい遊びや行事を次々に作り出すアニーに子どもたちもすぐに懐きます。竹千代を含めてボランティアも集まってきました。質の高いプログラムを組み、子どもの主体性を重んじた「有隣園」は、やがて人気幼稚園に。本物の馬や牛まで登場した「有隣園」のクリスマスは、子どもたちだけでなく近所の大人も毎年楽しみにしていました。

社会福祉の第一線で毎日現状に接するアニーは、これからは子どもだけではなく、青少年や大人のためにも本格的なセツルメント運動を始めた方がよいと考えます。子どもの環境だけを整えても、周りの大人が健康で余裕がないと元も子もないからです。そこで私財を投じ建物を増築し、夜学校や診療所まで開設しました。

1923(大正12)年におきた関東大震災では壊れずにすんだ建物を利用して、被災者の救援に奮闘。300人の迷子の面倒もみました。当時、いわれなきデマが流れて行き場を失った在日朝鮮人たちもかくまいます。そのことを密告されると、「私が絶対に責任をもつから」と応戦。デマも迫害も毅然とはねつけました。

こうしてアニーは、全力で兵蔵の夢を実現していったのです。

アニー・シェプリー(帰化して「大森安仁子」と名乗る)
『私は後悔しない〜兵蔵とアニーの愛の生涯』松田妙子著 主婦と生活社(1984年)より

昭和に入ると世界恐慌や満州事件がおきるなかで、日米関係は悪化していきます。
1937(昭和12)年に日中戦争が起こると、せめて自分にできることをと「戦争は絶対に避けなくてはいけません」と書いた手紙をアメリカにいる姪に送りました。

1940(昭和15)年、紀元二千六百年記念の第9回全国社会事業大会では、震災時の活動で功労者として表彰されます。反米感情が高まっていくなかでのアメリカを母国にもつアニーの表彰は、それだけアニーの人に尽くす真心と熱意が誰の目にも明らかだったためでしょう。

1941(昭和16)年8月3日、84歳のアニーは日米開戦を知ることなく、河口湖の「有隣園」でその生を閉じました。

後悔したことはない

画業と社会貢献に生きたアニー。日本に来たのは100年以上も前です。女性の人生の多くが型にはめられていた窮屈な時代にあって、自分の意思を最後まで貫き、差別をはねのけ、人と接する姿勢がフェア。絵筆も捨てなかったその生き方は、素直にすごいなと思う方も多いのではないでしょうか。

読書が大好きで、詩をそらんじていたアニーの活動は絵だけにとどまりません。来日後、『更科日記』や『紫式部日記』『和泉式部日記』を英訳し、翻訳書も共著で出しました。


『THE SARASHINA DIARY』
大森安仁子、圡井幸知 共訳 三角社 1934年

『DIARIES OF COURT LADIES OF OLD JAPAN』
大森安仁子、圡井幸知 共訳 Boston Houghton Mifflin Company 1920年

今回、財団では絵といっしょに上記の翻訳書とアニーのイラストが使われた絵本も購入しています。結婚する前はかわいいイラストを描いていたアニーですが、その後におこる自身の激動の人生については、まったく想像もしていなかったでしょう。しかし晩年、アメリカにいる姪たちに送った回想録にはこう書きます。

Since then I have lived thirty years and more in Japan, more than one-third of my life, and have never regretted that daring.

「わたしは人生の1/3を越える30年以上、日本で過ごしましたが、その間、一度も後悔したことはありません」


絵と一緒にやってきたアニーのイラストが使われている絵本2冊
左:『WHEN THREE ARE COMPANY AND OTHER POEMS AND STORIES』 C. F. Daley著 1891年 初版本
右:『THE SKATING PARTY AND OTHER POEMS AND STORIES』 C. F. Daley著 1891年 初版本

上の2枚が『WHEN THREE ARE COMPANY』から。下は『THE SKATING PARTY』からです。

参考文献

一般財団法人 生涯学習開発財団 事務局
〒105-0001 東京都港区虎ノ門1-1-20 虎ノ門実業会館9階
TEL:03-3508-4551 FAX:03-3508-4550

Copyright (C) Foundation of Global Life Learning Center. All Rights Reserved.