女性が能力を発揮するための生涯学習を

日本では国会議員に占める女性の割合や、企業や行政機関での女性管理職の割合は、世界でも低い水準にあります。近年はジェンダーフリーも広まってきてはいますが、女性が仕事と両立しながら学ぶための制度や仕組みも、まだまだ十分ではありません。

だからこそ、女性のための支援を具体的に考え、 身近なところから実践していくことが大切ではないでしょうか。

当財団は、1980年代から「生涯学習」をテーマに独自の活動を積み重ねてきました。私たちの目標は年齢や性別に関係なく、誰もが生涯を通じ、広く社会に役立つことです。当財団の理事である松田妙子もその理想を実践してきました。もっと女性が活躍するための、多様な学習の場と機会を提供しています。


1950年代、アメリカでも数少ない女性TVプロデューサーだった松田妙子

2015 Japan WINConference

学びを社会に役立て、人としての成長と生涯を通じた学びを支援する一つの形として、女性のリーダーシップや社会貢献をテーマにグローバルに国際会議を開催する、Japan WIN Conference 第5回目国際会議(2015年4月9日・10日開催)に3名様をご招待させていただきました。

招待者参加レポート

後援:一般財団法人 生涯学習開発財団 企画サポート:東京留学