生涯学習情報誌から生涯学習情報誌から

ようこそ!和楽器の世界へようこそ!和楽器の世界へ

三.笛(篠笛/能管)Fue (Shinobue/Nohkan) 三.笛(篠笛/能管)Fue (Shinobue/Nohkan)

日本人に親しまれている素朴な楽器日本人に親しまれている素朴な楽器

笛は、竹に歌口と指穴が空いているだけの簡素な構造をしているが、実に多くの種類がある。笛の個性に魅入られた横笛奏者、山田路子さんにナビゲートしていただきました。


能管の高音の響きは、神々しさや恐怖感のほか、天空を翔けるような疾走感にゾクゾクさせられる。

篠笛のピーヒャララの音は、日本人に深く親しまれている。里神楽、獅子舞、民謡、歌舞伎の下座(げざ)音楽まで広く用いられ、その響きは、のどかな田舎の風景から、芝居の自決場面の悲壮感まで、様々な効果音を生み出す。

篠笛は篠竹で作られ、竹笛とも呼ばれる。茅葺き古民家の屋根裏で100年以上燻された煤竹(すすたけ)が最良とされ、丈夫で狂いが少ない上に、澄んだ音色が遠くまで響くという。

篠笛の音高は「本」と呼ばれ、半音刻みで一本から十二本まであり、基本のハ長調の音階のものは八本調子だ。歌舞伎囃子などでは、三味線に合わせて多くの調子の笛が必要で、「○本半」という微妙な高さのものもある。

低音の笛は長く、高音のものほど短くなる。指穴の数も様々で、多くは7穴だが、6穴や4穴の物など、地域によって異なる。三味線や洋楽に合わせやすいのは7穴とされる。

能管も竹製で7穴だが、管の内側に漆を塗り、息を吹き込む唄口と指穴の間に管の内側を細くした喉(のど)というものが入っているのが特徴。主に能楽に用いられるが、「神降ろしの音」とも呼ばれる甲高い神秘的な音が印象的で、歌舞伎などでも効果音として使われる。

歌舞伎の幕の下りる場面で、「空笛」と呼ばれる効果音が入る時がある。吹き方は決められておらず、奏者の感性に任される。篠笛奏者の腕の見せ所だ。

奏者に聴いたその魅力

山田路子 Yamada Michiko

山田路子:千葉県習志野市出身。能楽師一噌(いっそう)流笛方一噌幸弘氏に師事。横笛(篠笛・能管)を用い、古典の技術を活かしながらオリジナルの世界を追求している。2012年にはオリジナルアルバム「mikoto ~ミコト~」、2013年に「いろはに笛と」をリリース。2012年から自主公演「山田路子の武者修行」ライブを開催。「AUN Jクラシック・オーケストラ」のほか、「竹弦囃子」「打花打火」にも参加している。

 盆踊りの太鼓叩きに惹かれ高校で和太鼓部に入部しましたが、篠笛と出会い、こっちの方が面白くなって転向しました。そのころ一噌先生に出会い、先生は古典だけでなくオリジナル曲をやったり、クラシックも学んだりと、垣根のない活動をしていたので、かなり影響を受け、ますます篠笛や能管の面白さにはまっていきました。

笛の魅力は?

 篠笛は祭りのお囃子にも使われますが、地域で全く違う音階や作り方がされていて、独特な世界があって面白いです。

 能管は能に使われる笛ですが、ドレミ音階ではなく系統だってはいません。「ヒシギ」と呼ばれる最高音域の高い音は、鋭く鳴って、和楽器では数少ない、天に突き抜けるようなインパクトのある音が魅力的です。

 笛は職人さんの所に行って、できているものの中から選ぶ時もあれば、こういう笛が欲しいとオーダーすることもあります。AUN Jで使っているのは、篠笛の中でも「唄もの」と言われる、ドレミの音階に合っている種類のものです。

 祭り囃子で使われる篠笛は、その地域ごとに作る職人さんの特色があって、音階もドレミではありません。このお囃子にはこの職人さんの笛と決まっています。

 同じ横笛でもフルートとは違って、竹に穴が空いているだけの素朴な楽器なので、ムラ息など素朴ゆえの味わいもあります。笛それぞれの個性も感じながら演奏を聴かれると、面白いのではないでしょうか。

音を聴いてみよう!

シリーズでご紹介している和楽器の音色を聴くことができます。
第三回は「笛」の5種類の音色(お囃子、八本調子、六本調子、三本調子、能管)をお楽しみください。

監修者:AUNプロフィール
井上公平・井上良平。1969年大阪にて5人兄弟の末の双子として生まれる。1988年、和太鼓集団・鬼太鼓座(おんでござ)に出会い、高校卒業と同時に入座。2000年に「AUN」として独立。2009年、邦楽界で活躍する若手を集めて「AUN Jクラシック・オーケストラ」を結成。公演回数は国内外で1400回以上。子どもたちに日本文化の魅力を伝えるため、全国の小学校を訪問し、和楽器演奏と桜を植える活動もしている。

AUNの最新情報、ライブのご案内などは公式サイトをご覧ください。
http://www.aunj.jp

「ようこそ!和楽器の世界へ」トップへ戻る

一般財団法人 生涯学習開発財団 事務局
〒105-0001 東京都港区虎ノ門1-1-20 虎ノ門実業会館9階
TEL:03-3508-4551 FAX:03-3508-4550

Copyright (C) Foundation of Global Life Learning Center. All Rights Reserved.